竹内電機のテクノロジーはさらなるステージへ

竹内電機株式会社は、「高周波」と「真空」を得意とし、学術的な研究、装置の研究、電気設計(制御・シーケンス)機械設計、ソフトウェアー設計、配線組み立てにネジ1個の調達から水回り冷却装置)までその一式全てを自社で手掛ける「完全な一貫生産」の体制まで持ち、数多くの国のプロジェクト(産学官共同開発)に寄与しているメーカーです。 

【社長メッセージ】
 社長

創業から52年、昨年11月に三代目の社長として就任しました。
当社は私の祖父が尼崎三和商店街にて、竹内電気商会を始めたのが最初でした。祖父は町の電気屋さんをしながら、工場用の制御盤・電気工事と事業を広げてゆきました。
私の父の代で株式会社化し竹内電気商会から竹内電機と社名も変更しました。父は自動機械装置、高周波応用装置を手がけるようになり、現在に至ります。
祖父は国産一号のデジタル腕時計を購入するなど、新しいもの好きでした。困っていることにはすぐ対応してあげなさいが口癖でした。父は新しい技術に積極的に取り組もう、自分達でできることは最大限自分たちでやろう、という姿勢で会社を営んできました。
私自身はIH昇華炉やIHプラズマ装置を主に手がけてきました。祖父、父の新しいもの好きのDNAを継承しつつ、技術だけでない新しい取組みに挑戦し、会社を盛り立てていきたいと考えています。
安全で高効率なIH(誘導加熱)方式はIHコンロが家庭に普及することで、以前より身近な存在となりました。当社はIHをキーテクノロジーに、産業用IH加熱装置のエキスパートとして最先端技術に貢献し、事業を持続発展させていきます。

皆様の変わらぬご支援を心よりお願い申し上げます。



平成27年8月22日
代表取締役社長
竹内 啓

新着情報

2015.08.28. 経営理念を追記しました。

2015.08.25. 採用情報ページ更新しました。

2015.08.22. 社長メッセージ追加しました。

2015.10.13. 会社沿革を更新しました。

製品ラインナップ

  • TA-SUB1
  • CKT-Series
  • TACVD1
竹内電機株式会社
お電話での問合せ 06-6497-2373
メールでの問合せ takehp@takeuchi-e.co.jp

youtubefacebooktwitterustream